不動産の業販物件とは?

about001
中古車販売店や食品販売店でも見られるフレーズ「業販」という言葉・・・ 「業販」とは業者販売のことで、一般の方を対象に直接売らないことです。

リーマンショック後に不動産市場も変化し、昨今の不動産市場で一般の方にも購入 しやすくなり、注目されているのが不動産競売物件です。 この不動産競売物件も一般の方の参加者が増えて落札価格も高値になり、一部の主要都市 では相場に近い価格で購入する方も増えているようです。

【不動産業販物件センター】では、不動産会社が共有する専門サイトである「レインズ」等で 一般市場に出回る前の情報、つまり不動産業者が不動産を仕入れて商品化する前の情報 (仕入れ情報)がたくさんあります。その仕入れ情報が業販物件です。

なぜ業販物件情報がたくさんあるの?

なぜ【不動産業販物件センター】には、たくさん業販物件情報があるのか?
それは日本不動産バザール株式会社で買取事業を行っているからです。 情報ルートは弁護士、サービサー、大手不動産仲介会社、昔からお付き合いのある不動 産会社から、より正確な情報を入手しています。

具体的にどんな物件なの?

業販物件は、具体的に

  • 任意売却物件
  • 破産物件
  • 債権処理物件
  • 売主の都合で内々で処分する物件
  • 売主業者の損切り物件
  • 心理的瑕疵物件
など訳ありの不動産です。 また敷地が大きい物件はマンション用地や建売用地として不動産買取会社を中心に売却さ れます。億単位の収益物件(一棟マンション、一棟ビル)は業販のみで売却されることも 多くあります。

メリット&デメリットは?

業販物件の購入方法は、ローンが利用できない、測量図がない、土地・建物の欠陥の保証がない、購入するまでの決済が短いなど、デメリット部分もありますが、その分相場より安く購入することが出来ます。また一部では購入条件としてローン利用が可能な物件 もあります。競売物件の取得方法と取得条件に似ています。

一般の人も購入できるの?

about002

メール会員様には不動産業者と同じ買取条件で業販物件を購入することが可能になりました。 収益物件表面利回り10%は当たり前、都心でも20%超えの収益物件があります。 土地や住宅も現金購入であれば、より安く購入できます。

日本不動産バザール株式会社では【不動産業販物件センター】を通じて、メール会員様が お買い得な、喜んでもらえる掘り出し物件に巡り会えることを最大の幸せと感じておりま す。

今後とも日本最大の業販物件を取り扱う不動産物件情報サイト【不動産業販物件センター】 と日本不動産バザール株式会社を宜しくお願い致します。
会員登録はこちら