2015/07/06 新たなローン商品が出来る事を願う( ´ ▽ ` )ノ

シェアハウス専用ローンや旧耐震でも一定の耐震工事をすればローン期間が長くなるような
今の時代に合ったローンを金融機関が取り組むべきだと思います。

区分所有マンションでも一定の工事をすれば、フラット35が利用できるように、
一棟ビルや一棟マンションにも同様な金融商品を取り組んだ方がより日本経済が活性化されると予想されます。

現在の規制されたローン商品だと、オーバーローンや住宅ローンを活用したローンを斡旋する
不動産会社や不動産博士みたいな方が結構います。彼らは完全に違法を教示しています。

法の目を掻い潜るようなアドバイスをして、ローン利用者を将来、金融機関から叩かれる対象者にする位なら、
金融機関に新たなローンを取り組むように打診した方がいいです。

物件担保を緩和するような措置が出来れば、不動産取引がより一層活発化します。

現在は中華圏の富裕層が日本の不動産を購入して、日本の不動産業界も潤ってますが、
これからは日本の富裕層が日本の不動産を購入できるような魅力的な金融商品の仕組が絶対必要なんです❗️

アメリカではサブプライムは既に失敗していますが、旧耐震の物件に対する耐震補強工事をした場合や新築シェアハウスや中古シェアハウスに対する物件担保評価の緩和策は金融促進、日本経済の発展に必要だと思います❗️

私の考えに賛同出来る方は金融庁に署名運動しませんか❗️