2015/05/22 特別企画)大手不動産会社の内情と傾向 その2

お世話になっております。昨日、ブログにアップした内容を補足します。

今は業界売上No1の東急リバブルが昔の住友不動産販売のようになっているガツガツ系・
ギラギラ営業をしている時代!
最近になって三井のリハウスや住友不動産販売が大手不動産会社がエンド客を重視して
いるのは不動産業の景気が良く、全体的に売り手市場になっているからです。
また中国や台湾の富裕層が売主の希望価格で購入しているからです。
そこにいち早く反応したのが東急リバブルでしょう。

しかし、これから先に景気後退した場合はまた全体的買い手市場に戻り、不動産価格も
下落します。その時は大手不動産会社もエンド客重視ではなく買取業者や現金客を重視
するようになり、また元に戻ります。

弊社には不動産市場が好景気の時にも、お買い得な不動産買取情報を数多くご用意して
おります。期待して下さい(´▽`)ノ
日本不動産バザール㈱ 代表 高田