2015/05/13 ラブホテル経営ってどう?

ラブホテル経営とは…

こんばんは?5月病ならぬ、恒例の私の身体のイベントとして黄砂による風邪をひいてしまい、休日にも関わらず遊びに行けず、寝込んでます。
朝から夕方までゴロゴロ寝ていたので、今まだ眠れませんのでブログ書いてます。

賃貸不動産経営している大家さんはラブホテルって儲かるよね。こんな風に思われた方が多くいると思います。
メルマガ会員様でも一度は興味を持たれたことがあると思います。
メルマガでもご紹介しているように地方のラブホテルは安いですからね。

元ラブホテル経営者の息子である私が知っているラブホテル経営の裏話とは…

私の父は日大芸術学部卒業後→円谷プロで怪獣映画制作スタッフ→俳優→プロレスラー→不動産営業→渋谷区松濤で不動産会社経営→兼業で鶯谷で旅館経営→松戸でラブホテル経営といった経歴の持ち主で私が小学生時代には鶯谷で旅館経営していました。
そんな環境で育った私に両親の教育は厳しかったですが、私が大学生になる頃にはラブホテルにまつわるエピソードを両親からたくさん聞いています。

1.店をオープンしてから目の前の店によるチラシ配布の営業活動でラブホテル進入タイミングを逃す営業妨害による嫌がらせ。

2.犬、猫、鳥の小動物の死骸や死体をラブホテルのエントランスに放置する嫌がらせ。多分、ヤクザさんでしょう。処理に困ったみたいです。これは精神的に苦痛もありますよ。何でこんなことするのでしょうか?おそらくみかじめ料を払わなかったり、付き合いに応じなかったからだと思います。

また地方都市の駅近で繁華街から近い所にホテルがあったので昔はこんな事もあったみたいです。ただしこのような嫌がらせは全てのホテルに該当する訳ではありません。

3.ご近所さんの不倫目撃。だからご近所の裏話は良く知っています。母がフロントで手伝いをしていた時に私の小学生の同級生の親同士が不倫していて私の母を見てフロントの小さな窓越しにお互いで『あれ~何でいるの?』状態…私の母が旅館で手伝いしているのを知らないですから…
うちの母は優しいので、その不倫カップルの事はちゃんと秘密にしていたそうです( ´ ▽ ` )ノ

4.室内では今でこそ書けますが、ご年配の方の腹上死もあったみたいです。覚せい剤かどうかしらないが注射器の放置もあったみたいです。あと部屋中うんこ撒き散らし、これは困りますよね。あとヤクザさんぽい方の潜伏先として部屋を使っていたり、ジプシーみたいなカップルの長期滞在部屋になったり。あとは使い済みのコンドーム6つを室内のシャンデリアに綺麗に引っ掛けていたり。色々な性癖の方がいますね( ´ ▽ ` )ノ

5.また室内の盗難もあったみたいです。例えば中古スロットやパチンコ台はロックされていて、盗難防止ブザーが鳴るようにセットされています。
ものの見事に盗まれましたが、その手口はお風呂をお湯で満タンにして台を風呂に沈めて、音が鳴らないようにして、壊してこじ開け、小銭を盗まれた事もあるみたいです。
あとは部屋から出てチェックアウトの時に荷物がやたら多くて、背中に抱えて帰っていった客は部屋の家具やらなんやらを盗まれたみたいです。

6.年老いても気が強く、腕力に自信のあるガタイが良い父もチェックアウトの際に若いカップルに金を踏み倒された事が一度あります。父がよそ見している時に若いカップルは隙を見て殴り、逃げたみたいです。鼻血出して興奮状態の父の代わりに容姿を聞いて若かりし頃の私はヌンチャクを持ってヤンキーカップルにリベンジして〆ようとしましたが、そのようなヤンキーカップルは見当たりませんでした…
それから父は警備も必要という名目でかなり頑丈な十手を購入しました。

上記のようなラブホテル裏話エピソードがあり、確かに儲かるけど変なトラブルも付いてくる、ラブホテル経営はもう二度としたくないです。設備投資も費用が掛かりますからね。商売は表もあれば、その分裏もあり光ある所に陰あり。自分にあった仕事を選んで下さい( ´ ▽ ` )ノ

今回はマイナスオーラ全開の文章になってしまったみたいですみませんでした。
やはり普通の賃貸不動産経営やシェアハウス経営が良いですね✌️
ではお休みなさい?