2014/10/21 仲介手数料無料の会社は危険です❗️

仲介手数料無料の会社は危険です❗️

仲介手数料無料の不動産会社は大手不動産会社の最大の敵。色々な噂話を聞きます。
ネットが当たり前の時代で差別化を図れる中、中小企業やお客さんはメリットがあります。
当然、誰でも考えます。不動産業者がニッチなサービスに重点を置いて、客を賢く誘導する。

客が得する提案だが、重点が値引きになるので客がズルくなる。客が売主を聞き出して抜き行為なんて話もあります。
恐らく抜いた客はいずれ他で損します。そのズルさ、強かさに人生で調整が必ずありますから。

買主は一時的なお得感はありますが、後から同じタイプのマンションが買った時よりも安くなっているのを見て、ガッカリするかもしれませんよ。そんな話も良く聞きます。

リノベーションした保証付きの中古マンションや新築戸建の値引き交渉は売主から手数料減額されるので、もしくはもらえなくなるので、ほぼタダ働きになるのでNG。
必ず満額契約させられてしまいます。高い不動産を売りつけられてしまいます。

またこのような仲介手数料無料の会社は弊社のような値引き不動産売却情報の取り扱いが出来ません。
大体売り逃げ、売りっぱなし、こんな感じですよ。

大手不動産会社がこういうとっぽい差別化をする仲介手数料無料の会社を相手にしなくなる。
仲介手数料無料の不動産業者に対するイメージが悪いので、大手と取引が徐々に減少していくでしょう。
仲介成立して、決済後のトラブル処理が出来ないとか逃げるとか…
エージェント制といいますが、そのエージェントはトラブル発生して損害があった場合、責任はどうなるのでしょうか❓
彼らの報酬はもちろんカットされて、なくなってしまいますから、売りっぱなし、やりっぱなし、言い訳しまくりだろうと思います。

このようなシステムの会社は大手不動産並みの土地や戸建の売却対策のリスク管理が出来てません。マンションも旧耐震はリスクが伴います。トラブル発生により、仲介会社のミスや売主の希望により最悪の場合、売主が支払った仲介手数料からトラブル対策費用を支払う場合、利益減額も想定されるので、こんな会社は経営が続くのか不思議です。

少数精鋭で仲介手数料ナシや値引きをする会社の大手並みの広告宣伝費の費用対効果、経営のバランスシートはネットの不動産広告費用もかなり高額になっていますので、今後は保てなくなるでしょう。

またネット広告は良い事だけ記載されてますが、悪い事の記載はありません。

設立して間もない会社がこのシステムを取り入れるケースが多いみたいですが、即席で人員を確保してますので営業マンの経験値が足りない、ミスが多い。ミスした場合の責任が取れない。トラブルに対応出来ないなど…私の不動産業界を歩んだ経験則で判断すると、仲介手数料無料や値引きを売りにする会社は売上も伸び悩み長持ちしないでしょう。

こういう会社で不動産売却は売主様にとっても、一度的な仲介手数料の割引感はありますが、かなり売主に損害を与える影響があります。

やはり仲介手数料無料や値引きを売り文句にする会社と取引は危険を伴いますから、お気をつけ下さい。
訳あり物件を扱う弊社から見ても、値引き情報は訳ありなんです。
仲介手数料を値引きや無料にする会社も会社の経営状態、営業マンの質や業務手続きは訳あり訳ありなんです。