2014/10/15 実録…浅草で恐怖体験❗️

皆様こんにちは。
今回は皆様が興味ある浅草の恐怖体験あれこれ❗️について書きます。
花やしきのお化け屋敷や壊れそうなジェットコースターではありません。

その昔、私が小学校時代の頃、パチンコ玉が好きで、鴬谷のラブホテルの池の鯉を釣ったり、一緒に万引きした小学校時代のイタズラ好きな同級生が浅草で有名な暴力団組長の息子だと噂に聞いたのは中学生になってから…

当時はビックリ❗️

台東区、荒川区は土地柄、暴力団関係者が多く、中学生時代は同級生が暴力団関係者の息子が数人いて当時は私もよく一緒にイタズラやワルさして遊んでました。

また私が小学校の頃、三宅裕司のヤクザの恐怖体験を題材にした恐怖のやっちゃんという笑えるラジオ番組がありましたが、私は不動産で独立開業してから浅草でマジで笑えない緊張感がある恐怖体験が数々ありました。

つい先日、東京都暴力団排除条例が平成23年10月1日に施行されました。

当日の朝、通勤で弊社の私の車専用駐車場近くにある某指定暴力団の本部事務所には、およそ200人以上の黒いスーツ姿の人集りがあり、私はいつも通り目線を下に向いて、申し訳なさそうに足早でスルーしました。体に緊張感が走り、マジでビビりまくりでした。

このように浅草には、たくさんの暴力団事務所があります。弊社の周りにも不動産の重要事項説明書で告知事項に該当する指定暴力団事務所が3団体あります。

昔から浅草とやっちゃんは切っても切れない間柄。
浅草で有名な三社祭にはやっちゃんと警官が神輿で一緒に歩く姿をよく見かけます。

私は独立するまでは、主に東京の都心部と城南、城西地域で不動産売買の営業活動をしていましたが、競争相手が多く、どこに店を出店するか考えていました。

独立する前にお世話になった会社が上野なので、近くも考えましたが、
上野界隈の不動産会社は金融屋を兼用した会社が多くイメージが良くない…

私の地元は台東区根岸、鴬谷なので
まさかラブホテル街側に不動産会社をしてもお客様が寄り付かないといった理由で、当初、少ない開業資金で会社運営するために、賃料が安く台東区内で知名度が高い浅草で開業する事に抵抗感がなく、むしろ他業者の進出がないので将来的に基盤にするには最適と考えました。

開業して間もなく…弊社の2軒隣は有名な某料亭さん。
ここで当時は政治家❓経済人❓などの会食もありますが、当時は結構暴力団の会合もありました。
おそらく襲名披露でしょうか。
そこで店の前には黒塗りの厳つい車がたくさん並んでいて、道端や店の前で、たくさんのやっちゃん達に睨みつけられました。1人でも怖いですが、たくさんいるとマジで映画よりリアルに怖いです。一番初めの恐怖体験でした。

また会社近くのひさご通りでやっちゃん達に遭遇しても目線を合わさないで足早に彼等の間を避けて通ったりして、そのうち多少免疫力が身につきますが、やはり恐怖、恐怖、恐怖です。本当に出来れば会いたくないですよね。

目に見えない幽霊より目の前にいる実物のやっちゃんはエイリアン級な得体の知れない緊張感と恐怖感を与えます。
しかし彼等は私のような一般人や観光客に絡むことは決してありません。特に浅草1,2丁目内は浅草寺の影響があり、秩序が保たれているようです。

今は東京都暴力団排除条例が施行されてから三社祭開催日以外は浅草界隈でやっちゃんが徒党を組んで出歩く姿を見かけなくなりました。段々、浅草も世界的な国際観光地域として成長しています。
お時間がありましたら、弊社にお立ち寄り下さい? 浅草も国際観光都市になり安全、安心ですよ。

日本不動産バザール株式会社