2013/09/16 大予言~関東大震災は2020年まできっとありません?

日頃より大変お世話になっております。
弊社、日本不動産バザールで商品化した物件も今年に入り順調なペースで売却できて、
昨年度までの代表、高田の厄年3年間の損失額を徐々にカバー出来る位まで売上げが見込めるようになりました。

今年になってから東京駅前のビルの仲介で30億の買付をファンド会社よりもらいましたが、
他の会社に先を越されて残念な思いをしました。
確実に日本経済は実体のある好景気に突入しております。
昨年末からのアベノミクス、2020年の東京オリンピック効果により日本経済は復活し、
消費税増税に合わせて、政府が徐々インフレに誘導しているように思われます。

先日、全日本不動産協会の講習会で野村証券のチーフエコノミストであるリチャード クー氏のセミナーに参加しました。
彼のレクチャーによると影響力がある政治家や、TV司会者の好景気を後押しする積極的な発言により、
日本経済は長いデフレを脱却しつつあります。
すでにユーロ圏やオセアニア地域も消費税は高く、欧米経済は成熟しております。
物価も消費税も日本と比べると高水準です。
中国の日本買いは落ち着いたように感じますが、台湾、韓国も対通貨で日本の円高により、
日本の不動産を積極的に動いています。
よって現在、外資系企業、外国人投資家による日本の不動産が積極的に買われています。

では日本のどの地域で多く買っているのか?
ズバリ!日本の首都、経済の中心である東京です。
都市伝説ではありませんが、世界を支配している闇の勢力があるとするならば、今、
世界中で投資先として最注目されている東京に東日本大震災のような大災害が2020年
東京オリンピック開催までは起こらないようにしてくれるでしょう!
東京が攻撃されたら、世界経済が大変なことになってしまいますからね。
日本人の頭脳集団が結束して取り組めば、東京オリンピック開催より早い段階で
福島原子力発電の汚水除去問題が無事に解決していると思います。

最近、TVの特番や週刊誌では南海トラフを題材にした記事が多くありますが、
南海トラフは確実に起こる可能性があると私は思います。
よって日本の投資先で安全なのは、やはり1に東京、2に東京に近い千葉、埼玉です。
南海トラフの影響がある地域の不動産投資は利回りが高く、フルローンで買える位、
不動産担保評価が低いので購入しやすいですが、是非購入を控えて下さい。
地震で建物も入居者も無くなる可能性が高いですから…

この好景気により不動産価格は少しずつ高くなりますが、弊社の武器としている
東京エリアに好景気と反比例して利回り12%以上の投資物件があります。
今年になってからメール会員様に、東京23区内の業販物件で利回り16%,12%,19%の
高利回り一棟収益物件を弊社の仲介で購入して頂いております。

弊社は数多くの業販物件をメール会員様限定で、こっそり紹介しております。
不動産買取会社も仕入れで、弊社と取引しており、不動産業界で大注目されてます。
今後とも何卒宜しくお願い致します(^O^)/
日本不動産バザール株式会社 スタッフ一同