2013/02/26 首都圏のキャバクラ、ラブホテルから考察した23区の高利回り地域はどこ?

♡キャバクラ♡&ラブホ?から考察した東京23区の高利回り地区とは?

お世話になっております。HAPPY高田です。
今回のテーマは最近、メール会員様と案内の時に話をした内容です。
キャバクラ遊びしていると繁華街にキャッチがウロウロしたりタムロしてます。
その理由は店が多く、見込み客も多いからです。

銀座、新橋、六本木、西麻布、渋谷、上野、池袋、新宿は山手線内で
皆様一度は遊びに行ったと思います。
これらの地域(A地区)は高級店もありますが、店が多いので価格破壊していて安い店もあります。
当然、不動産も高い場所です。

これらの不動産の高いA地区の繁華街と同じ位、キャバクラが混み具合がある23区内にある第二の繁華街(B地区)は若者の人口密度が高いです。
このB地区は不動産が高い高級住宅街である都心部、城南、城西地域を除くと城東、城北地域内の下町地域です。
具体的にいうと、総武線、常磐線、有楽町線、都営三田線、東武東上線、東武伊勢崎線沿線がお勧めなんです。
区でいうと足立区、葛飾区、板橋区、建ぺい•容積率が低い地域を除く練馬区、大山を除く板橋区、赤羽と王子を除く北区です。

このB地区の不動産は安い地域です。しかも学生や20代の若者が多い。
キャバクラの客単価はA地区よりもB地区の方が高い事があります。
わざわざ地元から遠いA地区まで遊びに行かないで、地元近くにあるB地区で遊んでいます。
しかしキャバクラの客単価はA地区よりもB地区の方が高いのです。または同じ位の料金になります。
簡単に言うと新宿のキャバクラで遊んでも、北千住や松戸のキャバクラで遊んでも使ったお金は変わらないんです。
ラブホ?の客単価も変わらない場合が多いです。
多少、客単価が低くても集客力が同じ位であれば、B地区にあるラブホ?の方が利回りいいですよね。
渋谷の道玄坂や新宿歌舞伎町、池袋にあるは不動産が高いので、利回りが低いのです。
しかし錦糸町、小岩、新小岩、松戸、柏周辺にあるラブホは不動産が安いので、利回りが高いのです。
この地区で大成功しているラブホの社長様は私のお客様です。

ラブホをアパートもしくは一棟マンションに例えて、キャバクラを若者の人口密度と例える。
そうしてラブホとキャバクラを通じて利回りの高い第二の繁華街に近い不動産を探すのをお勧めします。

都心部から離れる程、賃料は下がりますが、賃料、物価、不動産価格が高い都心部より
通勤時間1時間30分以内のB地区の方が賃料、物価、不動産価格も安く、ニーズがあります。
基本的に居住地も仕事も変化を好む人より定着を好む人の方が多くいます。
勤務先が都心部にある方々で通勤時間30分以内より通勤時間1時間以上の所に居住地がある方の方が圧倒的に多くいますから…

駅周辺でキャッチが多くウロウロしていたり、タムロしていたら、若者が多いのでその地域の坪単価をチェックしましょう。
因みにわたしの第二の地元である松戸は市の条例で厳しくなり、最近めっきり夜の街は寂しいです。
しかしキャバクラが少ない分、雨の日にも関わらずキャバクラで客が並んだ上、かなり待たされました。
しかも客単価は新宿、渋谷並で高い。しかしキャバ嬢は並レベルなんです。若者の人口密度が高いのです。

このような考察から収益不動産を探すと楽しいですよね。
夜の街に繰り出して、夜遊びをして、ついでに投資用の不動産を観察して東京ライフを満喫しましょう!
日本不動産バザール株式会社 happy 高田